スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
パブで編み物
イギリスで編み物。
これはなかなか伝統のある文化だと思います。
もともと羊が多く、ウールの輸出も多かった地域ですし、
なんといっても寒い寒い冬には毛糸の小物やセーターが欠かせないのでしょう。
それから、長い長い冬に暖炉の前で編み物やパッチワーク、
そんなイメージは渡英前からありました、が・・・。

先日学校でパブに行った時の話。
学校のメンバーで机を囲んでお話をしていると、一人の女の子が隣のテーブルに気が付いて
「あれ、隣でこんなの、えーと、なんて言ったっけ?」
と、縫いもののゼスチャー。
私は「ソーイング?」と返したのですが、
彼女の指差す方を見ると、、、、
男女4-5人の方々がテーブルを囲んでせっせと取り組んでいるのは
編み物!

もちろん、各々の前にはビールやアルコールの飲み物。
それから、毛糸の入った布袋、作り方の本かプリント。
みんなおしゃべりをしながら指を動かし、時には一休をしてビールを一口。
ちょっとウワサには聞いたことがありましたが、
パブニッティングですね、これは。

中には白い口ひげの年配のおじさまも、
2?4号くらいの細い編み棒と毛糸でせっせと編んでいます。
(小さい輪編だったので、靴下かな?)
向かいのお姉さんは編み棒いっぱいの幅で、長さ30?40cm程に編んだ作品をお友達に見せて、
「どう、やっとこのくらいできたわ!」と成果を発表してみたり。
そのうち、お腹がすいたのか、2?3人は食事を頼んでフィッシュアンドチップスなど食べがらしばし休憩。

いや?、実に楽しそうでしたね。
私も編み物はちょっとするので(小物程度しか編めませんが)、友達とお話しながら、というのはよく分かります。
編み物は楽しいんですが、たまには単調な作業の繰り返し。
沢山編んだなぁ、と思っても作品としてはたった5cmしか進んでいないということも。
なので、一つの作品を作るためにはとっても長い時間編み続けることになります。
手は両手がふさがっているのでそれ以上何もできないのですが、
口と目は空いています。
私も家では大抵テレビや映画を見ながらというスタイルでした。
一人ではなかなかこの長い時間というのは時に苦痛に思うほど。
なので、日本でも編み物のできる喫茶店とかありますね。
テレビをみながらもいいんですが、どちらかにあまり熱中しすぎると手が止まるか、編み間違えるか、という危険があります。
その点おしゃべりは気楽。
お友達と編んでいれば編み方が分からなくなった時もすぐにきけます。

ちょっと調べたらBBC(日本のNHKのような放送局)でも取り上げられたことがあるらしいです、パブニッティングのことが。
pub knit

http://http://www.bbc.co.uk/london/content/articles/2005/10/06/insideout_knitting_feature.shtml
ロンドンの忙しい時間から離れて、読書やヨガのようにリラックスした趣味の時間を持つ一つの手段として最近編み物が増えてきている、みたいな記事でした。
まあ、それは編み物好きの人の見方ですね。
大抵の人はパブで編み物などしていると
「え?、なんでパブで編み物?!」っていう感じでしょうか。
実際、友達も先生も不思議そうに、物珍しそうに、その光景を眺めていましたので。
イングリッシュの若い先生は、
私の「あれは、イギリスの伝統文化?」と言う質問に答えて
「Haa?! NOoo??oo・・・」と一言。
やめてくれよ?!とでもいいた気でした(苦笑。

ところで、この時期に編み物。。
よく考えれば今は夏。夏に編み物は日本ではどうしてもできないことでした。
もう5月くらいからだめですね。手がべとついて。
夏には毛糸玉を手にしたとたん、モワっと暑い空気が手にまとわりつくような気がしたものです。
なので、大作ができないんです。
ようやく毛糸を扱えるようになる9月か10月(まだこのころ店頭には冬の毛糸は少ないんですが・・・)
から始めても、そのうちクリスマスだ、お正月だとイベントが目白押しでやっと一作品。
次に1月や2月から作り始めても4・5月になるともう触る気がしなくなってしまって、結局作りかけのまま押入れへ・・・。という感じでした。
よっぽど作業が遅いんでしょうけどね。

でも、今の気候なら夏中でも編み物ができてもおかしくないです。
仮にもっと暑い年でもせいぜい7・8月はお休みとしても、それ以外は年中編めそう。
ちなみにこちらは日本の編み方とちがう”イギリス方式”。(日本はアメリカ式という方法が一般的です)
本を眺めてもちょっと違うので戸惑っていたのですが、こんなサークルに入って教えてもらうのもいいですね。
イギリスの手作りニットの本はバラエティーが豊か。
こんなの手編みでできるの?!みたいな作品も載っています。
まあ、難しいものはさておき、寒い冬に向けて、冬物の毛糸が手に入り次第何か作り始めましょうか。(今はお店に行って夏用の毛糸がほとんどなのです。)

それからニットつながりでの話ですが、サマーセーターはこちらの気候で着れるものなのでしょう。
綿のシャツやTシャツだけだと肌寒い時、きっとサマーセーターがぴったりの上着なのだと思うのです。
日本でサマーセーターを買った時あまりの使えなさにがっかり来たことがありました。2・3月には寒いし、5月になると蒸し暑くなってセーターどころじゃなくなってしまう、という経験があります。
今年は買わなかったのですが、来年はサマーセーターに挑戦してみようかな、と思いました。






スポンサーサイト
【2007/07/29 20:23】 | イギリスの話 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<洪水の後 | ホーム | ミュンヘン>>
コメント
なんだ、”パブニッティング”はイギリスで市民権を得ている、、って話じゃないのね。軽く飲みながら編み物なんて楽しそうでいいのにね。(編み目間違えても木津か無そうだけど、、)
【2007/07/31 08:18】 URL | auntieyoko #-[ 編集]
>auntieyokoさん
パブに限らず編み物がブームになってきている、みたいな話みたいですけどね。また冬になれば様子は変わるのでしょう。
パブはちょっと暗いので、その点目を数えたりするのが大変そう・・・。
【2007/07/31 15:38】 URL | J-pooh #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tnjun.blog66.fc2.com/tb.php/66-440960ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。