スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ロンドンで落語
順番がちぐはぐになりますが、
先週末にはもう一つのイベントがありました。

在英の落語家の方が開いた
”プチ落語会”です

お題は古典落語より
「天狗裁き」

実は生の落語を生でみるのはこれが初めてで、まさか初落語をロンドンで見るとは思いませんでしたが、いつかは見てみたいと思っていたので楽しみにしていました。

場所はウチのある東側からはロンドンをはさんで、真反対の西側。
1時間半ほどかけて出かけました。

静かな駅前から歩いて10分、
こんな教会の講堂での、手作りの講演会です。

kyoukai


去年の年末から毎月やることにしたというプチ落語会。
1回の公演では1演目のようです。
落語は1時間も2時間もやるものではないので、
ゲストの方の前座があって、それを含めて1時間くらいの公演でした。

落語会


公演中は写真を撮らなかったので、終わってからの写真です。
後ろの赤い台が高座でその上に座布団が敷いてあって座ります。
手作りということで、初め高座から落ちそうになりながらも、さすがプロ、
そういうアクシデントもちゃんとかわしてネタに入っていきましたよ?。

やっぱり楽しかったですよ、本物の落語は。
ちゃんと最後の落ちが気持ちよく落ちるし、見て、聞いて両方で楽しめますね。
すっきり!という感じです。


落語を挟んで前後で、ロンドンの地下鉄でギターを弾いている方(*)がゲストでいらっしゃって、
フォークソングを熱唱。
最後は大盛り上がりで終わりました。
*・・・ロンドンの地下鉄では地下鉄公認で演奏をしてる方々がいます。それを”バスキング”というらしいですが、この方は日本人で初のバスキング取得者ということです。
通行人のチップはすべて収入になるそうですが、それだけで生活をしているということで、なかなか素晴らしい体験をなさっているよう。
その方の体験記も出ているようで、思わず宣伝もしちゃいます
→こちら地下鉄のギタリスト―Busking in London

 
最後は盛り上がり

左の方がバスキングをやっている土門さん。

ロンドンでも日本文化に親しめるこんな会を、これからも続けて言って欲しいと応援したいですね。
スポンサーサイト
【2008/02/25 06:05】 | 日本の文化 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<暖かい言葉 | ホーム | あらら、、、>>
コメント
おもしろい体験だねー。
英語で「落語」するんでしょう??
みんなが分かるようにオチをつけるのには、相当なワザがいるんだろうなぁー。
聞いてみたい♪
【2008/02/26 19:45】 URL | ぐぴろん #-[ 編集]
落語もそうだけど、一芸があるっていいなあ~。
おおーバスキングってはじめて聞きました。
なんだか面白そう。
落語の前座にお琴をするとか、お琴で
バスキングするのも面白いかもと思いついてしまいました。
一芸があるって、すばらしい。
【2008/02/26 22:18】 URL | runko #-[ 編集]
>ぐぴろんさん
あ、これは日本語です。
英語でやっている方もいらっしゃいますね。確かにオチが一番大変だそうです。オチって要は”言葉遊び”みたいなものだそうなので。

>runko さん
バスキングという名前は私も初めてでした。そうやって演奏する場を公認するって、みんなで音楽を楽しむ、アーティストを応援するって言う感じでいいですよね。お箏は見たこと無いけれど民族楽器も弾いている方いますよ。三味線で民謡とかはバスキングにいいかもねー(私は弾けないですけれど・・・)。
【2008/02/29 07:30】 URL | J-Pooh #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tnjun.blog66.fc2.com/tb.php/139-e94b6895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。