スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Merry Christmas!! 聖夜編
25日のクリスマスは日本のお正月と同じで、どのお店もお休み、
公共交通機関も全部お休みでみんなお家の中で過ごすそうです。

では、24日のクリスマス・イブは?

昼間の街は買い物客で大賑わい、郵便やさんも最後のクリスマスカードやプレゼントを配るのに大忙しです。
そして、夜はターキーやクリスマスケーキでビックディナー(らしいです)。

で、夜中にはあちらこちらの教会で
クリスマス・ミサが行われるとのこと。
事前にいろいろな方にお聞きしても、「行くといいよ?」とのことなので、
出かけてみました。
でも、ミサの開始は11:30PMから。遅い?うーん
でも、1年に一度の行事だし、それこそヨーロッパにいるのなら体験せねば!と
すごく厚着をして、ホッカイロも持って気合を入れて夜の9時に出かけました。

まずは、一番のお勧めセントポール寺院
St.Poul

イブのセントポール。
一際荘厳な雰囲気がします。

と、その脇を見ると、なんと行列がDSCN9840.jpg
???。

暗くて分かりにくいんですが、人が沢山ならんでいるんです。
これで夜10時。あと、1時間半も待つかと思うとゲンナリしてセントポールは諦めました。残念。

その後、バスに乗ってウェストミンスター寺院へ。
ちなみにバスから見る街の中は、いつもよりも暗?くて、人通りも少なくて閑散としてしまい寂しい限り。
やっぱりクリスマスはみんなおうちで過ごすようです。

さて、ウェストミンスターに着いたのは11時15分。
ちょうどよいです。

入り口でパンフレットをもらい、中へ。本当に誰でもかまわず入れてくれます。
どうやら並んでいたのは席に座るためらしいです。
観光客も混ざって沢山の人なので、他の人は立ち見、立ち見。

それでも、すでにパイプオルガンが鳴り響き、教会の中はなんだか神聖な雰囲気。

11時半の開始はやはりミサのコーラスから。
大きなパイプオルガンと、特別に編成されたコーラス隊は大人も子供もいました。

教会の方のお話。
今年のアフガニスタンでの戦争のことから環境破壊の問題などに触れつつのお話。

コーラス、祈り、聖書からの引用、キリスト誕生のお祝いetc
参加者はいっしょに歌ったり、歌を聴いたり、お話を聞いたり、
それから、”周りの人と握手をしましょう”というのもありました。
これは、キリストが生まれたことをお祝いして、”おめでとう”という意味だそうです。
前にいた青年が私たちにも笑顔で手を差し出してくれました
もちろん、ぎゅっと握手。

・・・と、聖餐式まできたころには12時半過ぎ。
まだ1/3ほどありそうですが、この聖餐式では参加者全員でもパンを頂けるようになっているようで、
みんなみんな列に並び、なかなか終わりそうにありません。
さすがに、夜中に寒い中歩き、1時間も立っていたので眠気も疲れもピーク。
このあたりで失礼することにしましたjumee☆faceA148

さて、夜中の1時。地下鉄はもうありません。
唯一残る手段はナイトバス。
1時間に1本のバスを探したり待ったり、30分以上寒い風の中過ぎた頃
一人の青年が自転車で通り過ぎながら
「バスは11時半に終わってるよ?」と、いいながら去っていきました。
ウソか本当かはわかりませんが、ひとつもバスをみないので、納得して結局タクシーで帰りました。
今のクリスマスの時期はタクシー料金が2倍になるということですが、
あの寒い中待っていることを思ったら、それでも家に連れてきてくれるだけでありがたい、と
思うものですねーー。

クリスマス・ミサ、クリスチャンではありませんがなんだか気持ちがピリッとします。
眠い中でかけていく価値があるなぁと思います。
お話や祈りがもっと分かるといいなぁ、と思います。
いままで何度となく歌ってきたミサ曲が、本当はこういう場所で、こんな雰囲気で歌うものだと知ると、
今まで知らずに歌っていたことが残念でなりません。

やっぱり新年にはみんなで集い、平和を祈るのはどこも同じなのだなぁー、と
思いました。

Merry Christmas and Happy New Yearビックリみっちゅ
スポンサーサイト
【2007/12/25 21:36】 | ロンドン | トラックバック(0) | コメント(2)
<<フランスでスキー | ホーム | Merry Christmas!! 美味しい編>>
コメント
クリスマスのミサは寒さと乾燥も手伝って、音が鳴り響くんだろうねーー。光と音の総合芸術が花開く瞬間。体験できて、良かったね。
寒さ対策も大変。風邪引かなくて良かった、よかった。
元気にお正月を迎えようね!
【2007/12/27 23:47】 URL | ぐぴろん #-[ 編集]
>ぐぴろんさん
話には聞いていたけれど、本当に静かで厳粛なクリスマスを体験できました。
ウェストミンスターのパイプオルガンは荘厳な響きでしたよ。
【2008/01/01 22:49】 URL | J-Pooh #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tnjun.blog66.fc2.com/tb.php/124-6f1022f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。