スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
フランスでスキー
この間の冬休みに、フランスにスキーをしに行ってきました。
Val Thorensという、ヨーロッパの中でも有数のスキーリゾート。
この村は、Les Trois Valleesつまり三つの谷という大きなスキーができるエリアの中の一つでもっとも高い標高にあります。

地図で言うとこんな場所です。わかるかな???


拡大地図を表示
...続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2007/12/30 22:30】 | ロンドン | トラックバック(0) | コメント(3)
Merry Christmas!! 聖夜編
25日のクリスマスは日本のお正月と同じで、どのお店もお休み、
公共交通機関も全部お休みでみんなお家の中で過ごすそうです。

では、24日のクリスマス・イブは?

昼間の街は買い物客で大賑わい、郵便やさんも最後のクリスマスカードやプレゼントを配るのに大忙しです。
そして、夜はターキーやクリスマスケーキでビックディナー(らしいです)。

で、夜中にはあちらこちらの教会で
クリスマス・ミサが行われるとのこと。
事前にいろいろな方にお聞きしても、「行くといいよ?」とのことなので、
出かけてみました。
でも、ミサの開始は11:30PMから。遅い?うーん
でも、1年に一度の行事だし、それこそヨーロッパにいるのなら体験せねば!と
すごく厚着をして、ホッカイロも持って気合を入れて夜の9時に出かけました。

まずは、一番のお勧めセントポール寺院
St.Poul

イブのセントポール。
一際荘厳な雰囲気がします。

と、その脇を見ると、なんと行列がDSCN9840.jpg
???。

暗くて分かりにくいんですが、人が沢山ならんでいるんです。
これで夜10時。あと、1時間半も待つかと思うとゲンナリしてセントポールは諦めました。残念。

その後、バスに乗ってウェストミンスター寺院へ。
ちなみにバスから見る街の中は、いつもよりも暗?くて、人通りも少なくて閑散としてしまい寂しい限り。
やっぱりクリスマスはみんなおうちで過ごすようです。

さて、ウェストミンスターに着いたのは11時15分。
ちょうどよいです。

入り口でパンフレットをもらい、中へ。本当に誰でもかまわず入れてくれます。
どうやら並んでいたのは席に座るためらしいです。
観光客も混ざって沢山の人なので、他の人は立ち見、立ち見。

それでも、すでにパイプオルガンが鳴り響き、教会の中はなんだか神聖な雰囲気。

11時半の開始はやはりミサのコーラスから。
大きなパイプオルガンと、特別に編成されたコーラス隊は大人も子供もいました。

教会の方のお話。
今年のアフガニスタンでの戦争のことから環境破壊の問題などに触れつつのお話。

コーラス、祈り、聖書からの引用、キリスト誕生のお祝いetc
参加者はいっしょに歌ったり、歌を聴いたり、お話を聞いたり、
それから、”周りの人と握手をしましょう”というのもありました。
これは、キリストが生まれたことをお祝いして、”おめでとう”という意味だそうです。
前にいた青年が私たちにも笑顔で手を差し出してくれました
もちろん、ぎゅっと握手。

・・・と、聖餐式まできたころには12時半過ぎ。
まだ1/3ほどありそうですが、この聖餐式では参加者全員でもパンを頂けるようになっているようで、
みんなみんな列に並び、なかなか終わりそうにありません。
さすがに、夜中に寒い中歩き、1時間も立っていたので眠気も疲れもピーク。
このあたりで失礼することにしましたjumee☆faceA148

さて、夜中の1時。地下鉄はもうありません。
唯一残る手段はナイトバス。
1時間に1本のバスを探したり待ったり、30分以上寒い風の中過ぎた頃
一人の青年が自転車で通り過ぎながら
「バスは11時半に終わってるよ?」と、いいながら去っていきました。
ウソか本当かはわかりませんが、ひとつもバスをみないので、納得して結局タクシーで帰りました。
今のクリスマスの時期はタクシー料金が2倍になるということですが、
あの寒い中待っていることを思ったら、それでも家に連れてきてくれるだけでありがたい、と
思うものですねーー。

クリスマス・ミサ、クリスチャンではありませんがなんだか気持ちがピリッとします。
眠い中でかけていく価値があるなぁと思います。
お話や祈りがもっと分かるといいなぁ、と思います。
いままで何度となく歌ってきたミサ曲が、本当はこういう場所で、こんな雰囲気で歌うものだと知ると、
今まで知らずに歌っていたことが残念でなりません。

やっぱり新年にはみんなで集い、平和を祈るのはどこも同じなのだなぁー、と
思いました。

Merry Christmas and Happy New Yearビックリみっちゅ
【2007/12/25 21:36】 | ロンドン | トラックバック(0) | コメント(2)
Merry Christmas!! 美味しい編
あっという間にクリスマスですね。
週末はお友達とクリスマスパーティーをしました。
お呼びしたのは、夏の語学学校でのお友達。
今の時期は帰国していたり、ホストファミリーと過ごしたりの方が多いようでしたが、
それでも来てくださった方々はみなさん変わらず元気そうで楽しかったです。

今回のメインはもちろん”クリスマスターキー”!

大きなオーブンとロースと用の鉄板も元々備え付けであるんですから、
焼くしかないでしょう!

前日はボローマーケットでお買い物。
4.2キロというできるだけ小ぶりのターキーを選んでみましたが、
帰ってきたら大きい?汗;

焼き上がりはこんな感じでした?。
ta-ki-


フィリングは大好きなクスクスと野菜で。
付け合せに、これまた好きなクリとガーリックを丸ごといっしょに焼いて。
お野菜はターキーには付き物らしい、芽キャベツ(実は初めて食べます)、
グレイビーはイギリスレシピのサイダー(リンゴのお酒)を使って作ってみました。
つけあわせ



どれもなかなか美味でしたよー。
この大きさ、やっぱりクリスマスっぽいですよね。

市場にはグース(カモ?)も沢山ありました。
ソーセージを買う人も沢山。
お料理の番組でも美味しいローストターキーやローストポテトの作り方がやっていて、
これをべた次の日に「おいしそ?絵文字名を入力してください」と、見入ってしまいました。
トリを焼くのも随分慣れてきたので、来年はグースに挑戦?!などと思っています。

ちなみにケーキは”白いブッシュ・ド・ノエル”
ケーキ


うーん、デコレーションがいまいちクリスマスっぽさに欠けますね。精進します。
でも、イチゴがおいしいのにあたり、普通のショートケーキとして美味しかったと思います。
チョコレートクリームのほうがやっぱり雰囲気でますね。。。
【2007/12/25 20:55】 | 料理・食べ物 | トラックバック(0) | コメント(1)
冬至
そろそろ冬至でしょうか?今年は何日でしょう?

夏至にもひとつネタを書いたので冬至でも季節の様子を・・。

ロンドンの寒さは日本(東京)とあまり変わらないでしょうか。
大体一ケタ代。たまにマイナス、くらいです。
場所によってはもっと寒いですね。
もちろん雲も多くて曇っていて日が出ても少しだけです。
でも、この雲のおかげで冷え込みはあまりないのかもしれません。

それにしてもやっぱり
日が短い
です。

公式の発表では
日の出 8時4分
日の入り 15時53分
8時間切っていますね。一日の3分の2が夜です。
(でも、実家でも7時半の登校時間は真っ暗だったし、下校時間に夕日を見ていたから、似たようなものなのかな?)

ちなみにこれは昨日家から見えた日の出です。
冬至の日の出


右の窓がみな見向きなので東よりずっと南になっていることが分かると思います。
これで8時27分。

朝は冷え込みますが、昼間は日が出れば窓から火が入るので暖かいですね。
南向きの窓がありがたいですjumee☆SaturdayNightFeverL
夕方まで暖かさが残るし、タイマーでボイラーが入るので夕方は楽ですね?。

ところで、日が低いので窓からダイレクトに日が差します。
10時から14時くらいまではパソコンも机上の作業もまぶしくて仕方がない。
引っ越してきたとき(春)には「いつ使うかなぁ?」などと思っていたブラインドが大活躍です。
でも、なるべく日をは入れたいしので、窓一つ一つに小さなブラインドがついているので
(写真の右の窓。南だけで9つあります。ほかに大きいのが3つ!)
自分の位置を変えるたび、太陽の位置が変わるたびに、ブラインドを上げたりおろしたりしています?顔
【2007/12/21 16:09】 | ロンドン | トラックバック(0) | コメント(2)
ティッシュペーパーのサイズ
どうでもいいですが、こちらのティッシュペーパーのサイズが気になります。

箱ティッシュですが、箱が大きくて平たいです。
DSCN9809.jpg

左上が日本のサイズで、比べるとこんな感じです。

厚みも比べてみました。
DSCN9810.jpg

ちなみにこれは2箱セットで売っていたので重なっているので、一箱の厚みは半分です。

もちろん中のティッシュだって大きいし、
それにほとんどが”3枚重ね”なのです。
中には4枚重ね、などというものも。

こちらの人の鼻は確かに高いですけどね。。。顔
私には少々大きすぎるような、、、ちょっと使うにはもったいない気もします。
【2007/12/19 15:57】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0)
ようやく・・・
冬休みも終わって、その片付けも終わって日常が戻ってきました。
といっても、街中クリスマスで大賑わい。
ウチも負けじとクリスマスプレゼントやらクリスマスパーティーやら、
の準備にとりかかることにします。

ところで、もうピークは過ぎたと思うのですが、クリスマスカードの話。
こちらはとてもカードの種類が沢山。
カード専門店があちこちにあるくらいだし、小さな雑貨屋にも数種類はカードが置いてあるくらいです。

バースデーカードなどは、あげる相手と簡単なメッセージが初めからはいっているのがほとんどです。
その相手の名前の話ですが、
”お父さんへ””お母さんへ”に始まり、おじいさん・おばあさん・兄弟・友達へ・ボーイフレンド・従兄弟・姪っ子・おじさんetc・・・果ては、義理のお兄さんや義理の息子なども。
さらに、娘一人用だったり、2人用だったり、娘&息子だったり・・・。
相手だけでも本当に沢山の種類があります。
これが、大きさや形が様々なものがそろっていっているんですから、ある意味圧巻えぇです。

今はもちろんクリスマスカードがメインなのですが、そのコーナーは同じように圧巻です。
で、やっぱりカードをあげる相手の種類をみてみると、
”お姉さんと彼女の旦那さんへ”
”姪とその娘へ”
などなど、ちょっと数秒考えてしまうような、様々な関係のカードがあります。

ふと、気がつくとこんなのも。
”お母さんと義理のお父さん(step father)へ”
なるほど、そういうことはありますね。しかし、”お父さん”じゃあ、駄目なのか?!

これ、複雑な心境なのでしょうなぁ・・・。
”お母さんと彼女のボーイフレンドへ”

”義理の息子(Sun in low)へ”
なども、ダイレクトだなぁと思いますが、
そういうのも文化の違いなのでしょうか。
(義理の息子って言ってもいろいろな関係があるでしょうが・・・)

日本語でも、「義理の母」というのと「継母」の違いは意味的にも違いますが、
英語でも「Father in low(法律上の)」と「Step Fater(継母)」2つあるんです。
カードではちゃんと両方ありますから、やっぱりニュアンスが違いで選ぶんでしょう。

いろいろな人がいて、いろいろな心境でカードを送るんだなぁと、しみじみしちゃいましたsc04

余談:
そういえば、日本語は「継母」はあっても「継父」(?)はあまりきかないですね。
父親が再婚して家に入ることはなかったという、これも文化なのだなと思っちゃいます。

【2007/12/18 07:37】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2)
休暇です
予告なしに1週間ブログ更新を怠りましたが、
じつは冬休みでしたフフフ、うまくいった…。
前回のパリに引き続き遊びまくりで、すみません・・・。
そのときの様子はおいおいアップできたら、と思っていますが、
まだウチの中は休暇中ですねぇ。

ではでは、また後ほど絵文字名を入力してください
【2007/12/16 17:12】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2)
paris2 ?その3-2?
飛行機キャンセルという事態になり、致し方なく空港に足止めになってしまったその夜、航空会社が手配してくれたホテルは大手チェーンの普通のホテルで、食事も付くし意外とラッキーじゃないか?!
と思っていました、が・・・・。

お昼のラーメン&餃子でお腹いっぱいになって私たちは、夕食は8時ころ食堂に行きました。

すると、食堂の入り口に行列が・・・。
何かと思ったら
「今は席がないので、10時15分に来てくれ」って?、
2時間後マジですか?!

明日は朝一のフライトだから5時起きだ?、と言っていたのに。
マジですか?!

でも、スタッフのお兄さんも
「みんな同じなんだよ。準備できれば入れさせてあげたいけど、席がないんだからどうしようもないんだ。」と。
まあ、そりゃそうでしょう、みんなキャンセルで来ているんですから。

で、部屋に戻ってシャワーなど浴びて9時過ぎ。

フロントに行ったついでに食堂に寄ったら、

  お兄さん「あー、あと5分くらいだね」と。

はぁ、予定より1時間も早いんですが、いいですか。。。

  J    「じゃあ、ここで待ちます」と言ったら、
  お兄さん「あー、う?ん、10分くらいかな」と、
適当だ・・・。

で、だんなさんが食堂の中にいるお客を見て、
  だんな 「あの人、俺たちの後ろに並んでいた人たちだ!」
と言うので、もう一度確認したら、

  お兄さん「あー、じゃあ今いいよ」って、

実際、予約リストでも私たちより後の人がチェックしてあるし、
とばされてんじゃん、私たちやるせなし!!
あー、確認してよかった。

まあ、そんなこんなでご飯を頂くことができました。

朝食は並ばなくてすみましたが、
その代わり、パウンドケーキ・コーヒーと果物(りんご、バナナがそのまま)以外
何にもなかったですjumee☆faceA149

バターやジャムはありましたが、つけるパンがない。
コーンフレークがありましたが、空のミルクピッチャーだけがそこにあって、
ちょっとかわいそう・・。
5時半だったしね。
開いているだけありがたいんです。
果物だけもらってきました。

フライトは少し遅れましたが、とにかくロンドンに着いただけありがたい!

それでも、市内に着いたら今度は地下鉄が止まっていたり、
タクシーもなかなか拾えなかったり、
そのまま出勤のだんなさまは、さらにミゼラブル??、になっていました。。。かわいそう。

話には聞いていましたが、フライトキャンセルで一泊なんていうのは初めて。
そんな時、ホテルや食事をちゃんと準備してもらえると言うのはありがたいことです。
下手したら空港で一泊、何てこともあり得ますからね?。

なんにせよ、無事に帰ってこれてよかったですよ?羅琉 喜
【2007/12/09 07:26】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(3)
Paris2 ?その3?1?
最後はお決まり、トラブル編です。
しかも多かったので、2回に分けます。(それでも書ききれない・・顔

今回の旅は、前半ハッピー、後半ミゼラブル??な旅だったのです。

最後の日は雨、に風。
しかも日曜日でお店は開いておらず、美術館は見てしまったし、
どうしよう・・・うーん

雨が小降りになったところを見計らって行ったマルシェ(マーケット)は正解でしたが、
その後は雨・風・雨・・。

雨のパリ



バスで市内を周りつつ、でしたが前の晩に手袋と帽子を失くしてしまい、外を歩くと寒い・・。
風が強くて、折りたたみ傘が役に立たない・・・。

ということで、暖かいものが食べたくなりました。
こんなときは

アッツ熱の”ラーメン”に限りますよね!
実はうわさで、パリのラーメンは美味しい、とのこと。
ロンドンでもラーメンは食べれますが、いまいち不満足だった私たちは早速うわさのラーメンを食べに行こうという事になりました。
友達に場所を教えてもらって、いざ日本人街へGO!

中国人らしいスタッフでしたが、日本語OK.
頼んだのは味噌ラーメン、野菜ラーメンと、やっぱり餃子でしょうjumee☆SaturdayNightFeverL
美味しかったです?!!

この先、とんだ悲劇が待っているとは知らずに、ルンルン・元気満々になって空港に向かいました。

...続きを読む
【2007/12/08 10:00】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2)
pariss2 ?その2?
ディズニー編です。

あまり朝早くから気合を入れていくほどでもない、と思い、
10時半過ぎに到着。実は10時開園でした(笑。
珍しく天気もよく、ラッキー。
寒いは寒かったですけどねー。

入口


やはりチケット売り場はちょっと込んでいて、中に入ったのが11時です。
パレードの最後のほうが見れました。
開園すぐにパレードなのですねぇ。

パレード


ところが、このパレードの人たち

踊らないんです??

音楽も、乗り物も、キャラクターもまあ、いいんですけど、
(15周年だし気合は入っているのでしょう)、
ぬいぐるみさんたちは、にこやかに手を振るだけ。
もしくはちょっとリズムに合わせて体をゆすったり、
ほかのぬいぐるみさんとじゃれ合ったり・・・・。

ええーー、これは、日本の
”ちょー迫力ダンサーたちの、ノリノリの踊り”
を見慣れている日本人には物足りないなぁ・・・。

まあ、上品でいいのでしょう。
止まって一緒に写真撮影とかもしてくれるし。

ちょっと逆光ですが、お城です。
お城

小ぶりですが、ピンクでかわいいです。
塔のあちこちにキャラクターがいるんですが、
ちょっと遠くてわからないですね。

クリスマスらしくツリーです。
ツリー

日本のツリーはアーケードの中なので写真にとるとちょっとうまくとれないのですが、これは外なのできれいに撮れますね。

ワールドバザールが屋根の下というのは、日本のお国柄(雨が多い)なのだろうと思いました。

乗り物・アトラクションは5?6こ乗りましたが、
パリのスペースマウンテンはこんな感じです。
スペースマウンテン

出発してからこのトンネルをガーっ、と駆け上るのだとか。。。。
実は、乗ったのはだんなさんだけ。
1時間ほど待って、乗り場に着いたときに係員のお兄さんに「回転するのか」と聞いたら

「Yes,Three Times!(そう、3回転!)」
などとにこやかに答えるので、
速攻
「No!!」です。

だんなはその日のった3つのコースター系で一番楽しかったらしいですよ・・・。
ごめんねぇ、いっしょに楽しめなくてsc07

それ以外のアトラクションは日本と似ていますが、細部の細かさは日本が上ですね?。
食事も。同じファーストフードでもサービスが悪いです。
遅すぎる。ファーストフードなのに待つってどういうこと!
と、ロンドンに住んでいたってついつい言いたくなってしまう。

種類は日本のディズニーランドとディズニーシーのいいところを持ってきたような感じで、いろいろあります。

でも、雰囲気は相変わらずディズニーだし、人も多いし、天気もよかったし、帰りの電車も込んでいないし、(みんな隣のディズニー村に行ってしまった)、
たまに楽しむにはいいのではないのでしょうか?。

【2007/12/07 19:15】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2)
paris 2 ?その1?
先週末は、2度目のパリに行ってきました?。
半年で2回。よっぽど好きかって感じですが、それよりなにより
行きやすい!
おいしい!
というのが理由でしょう。

それから、今回はほかの目的もあります。
?友達に会う
?ディズニーランドに行く!

?前回行けなかったオルセーに行く(だんな)
です。

私は知る人ぞ知る、ディズニーランド好きなのですよ絵文字名を入力してください
でも、キャラクターを全部知っていたり、グッズを集めたり、とかそういうディズニーマニア、ではなく、単に”ディズニーランド”という場所が好きなのですがーー。(なので、雰囲気がそんな感じならディズニーでなくてもよいのです・・・。)
でも、ディズニーランド好きとしてはやっぱりユーロディズニーも体験しなくちゃね!

お友達は日本人の方なのですが、私がロンドンに来てから何度か会えそうな機会はあったのですが、その都度予定が合わずに会えなくて、今回こそは会えるかと気合が入ります。

パリもクリスマスイルミネーション真っ盛りです。
ラファイエット

...続きを読む
【2007/12/05 18:52】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(4)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。