スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
寒い!!
先週から寒さが増してきているな?、とは思ったのですが・・・、
この2・3日はとにかく寒い!!

天気予報では最低10度?最高16度など出ていたのですが、
昨日は一雨あって、その後の寒いこと寒いこと・・・。
外にいたのですが、早く帰りたくてしょうがなかった。

それでもバスの窓を開けっぱなしで走っているんだから、
もう・・、っていう感じです。
お姉さんが一つ閉めてくれましたが、他の人はそれでも他の窓は閉めずにそのままでした。

あまり寒いので、帰ってTVで天気予報を見ていたら、
「現在エジンバラはマイナス1度、グラスゴーはマイナス4度・・・」
はぁ?!っていう寒さじゃないですか?!

でも、ロンドンの温度は3度?5度。
まだマイナスでは無かったですが、風が吹くので余計に寒く感じます。
次の日の予報は8度?14度とかありましたけど、
そこまであがるのかどうか・・・。

家は南向きの窓から日が当たるのでまだ暖かいですが、
そろそろ暖房のことも考えないと、ですね。


スポンサーサイト
【2007/09/27 21:00】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(3)
Afternoon tea
ロンドン初の本格"アフタヌーンティー”に行ってきました!!
といっても、先週なのですが・・・。

日本から来たお友達と一緒に行ってきました?

しかも場所は一流ホテルの”SAVOY サボイ”です!

いきなり予約なしでどうかなぁ?、と思ったのですが、意外とあっさりと予約OK。
ただ、お昼を食べずに1時過ぎに行って、すぐにでも食べたい思ったのですが、
アフタヌーンは2時?5時とのこと・・・。
そうですよね、アフタヌーンティーなんですから、お昼とは違うということです。
(ちなみに土日は12時からやっているそうですが。詳しくは→こちら
2時に予約をして、一度ホテルからは退散。
1時間弱を外ですごして、ハラペコで再びホテルへ戻りました。
...続きを読む
【2007/09/24 15:42】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(4)
縫い物
このところロンドンはとてもいいお天気が続いています。
なんだか日本の秋晴れが続く10月のよう。
日が当たればお部屋はとっても暖かです。

と、そんななかでのお裁縫は気持ちがいいです。
前に買ってもらったミシンをそろそろ使っおうと作ったのは・・・


ランチョンマットランチョンマット



両面使えるようにあまり布を継ぎ足し継ぎ足しパッチワーク風です。
ちょっと横長になりましたが、かわいくできたなぁー、と満足。

それから
クッションカバーも作りました。
クッション
クッション2

これも表と裏で布を替えました。

黄色い面の横の模様が入ったところからクッションの出し入れをするのですが、口がパカパカ開いてしまう・・・。
ボタンなどで留めないとね?。

なかなか布や材料のお店が見つけられないのですが、
日本から持ってきたもので、ほかにも小物をちょこちょこと
作れたらいいなぁと思います。

【2007/09/23 21:10】 | モノづくり | トラックバック(0) | コメント(2)
モーツアルト
今年の冬に日本の帝国劇場で!ミュージカル・モーツアルトの再演があるそうですねウィーンミュージカルは旦那さんの方の得意分野(というか、ちょっと気合は入りすぎなんですが・・・)なんですが、
つられて私も見ています。


そのなかでも私のお気に入りは、この”モーツアルト”です。
舞台は1回しか見たこと無いんですけどねぇ?。
1回目のときは存在自体知らなかったし、2回目もようやくチケットがとれてラッキーでしたが、何度も観る程のマメさもないのですが・・。

ところで、ウィーンとえいば例の思い出の地。
そして、うちの家族もウィーン旅行の際にはザルツブルグのモーツアルトの生家に実際に行ってます。
これは、ミュージカルを見るに限ります。
ということで、ほぼ押し付けに近い形で姉に先週末のチケットの売り出し日にチケットを取らせ、
なんとか3枚だけゲットできたそうです。
これで、姉と両親は観れることになりました?。パチパチ。
姉の奮闘に感謝です。
ふ?、これを逃したら次はいつ見れるか分からないものね。
数年後に見ても感動は薄れているし、今が絶好のチャンスです。

と、息巻いてみるもの自分は見れないのだと思うと、、、、悲しい。
でも、もっと悲しいのはだんな様。
ウィーンミュージカル愛好者、モーツアルトCDの常聴者(?)にもかかわらず、前回の舞台のときは重要な急用でドタキャンになってしまったため、まだみたことないのよぉぉーー。
かわいそうに・・・。


【2007/09/20 20:51】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0)
秋・ですね?。
こちらはますます寒くなって、夜なんて10度をきっているそうですよ。。。
空もすっかり秋の空。
ひつじ雲やらうろこ雲やらすっかり天高く馬肥う秋という感じです。

先日フィッシュマーケットに行ったこともあり、
こんな空を見ていると、またまた魚が食べたくなりました。

秋といえば、一番絞りのCMじゃあないですが、
やっぱりサンマが食べたい!!
でも、ないんですねサンマ。ロンドンのスーパーには。
品揃えがいい大きなスーパーにも行ってみましたが、ない。
フィッシュマーケットになかったんだから、ないですよねぇ?。

ということで、代わりに買ったのは鯖です。
でも、大きくて身がしまっておいしかったですよ?。

あまりきれいに焼けたので、ついつい秘蔵の(?)日本酒など持ち出して、日本食バンザイでした!


鯖と酒

【2007/09/18 19:48】 | 料理・食べ物 | トラックバック(0) | コメント(3)
フィッシュマーケット!
先週末のイベントは
”フィッシュマーケット&オサシミパーティー”

でした!!

ロンドンの東、Canarry Walfには大きなお魚の市場があります。
以前から話には聞いていたのですが、謎が多くてまだ未開拓の場所でした。

そんな時、ちょうど彼のお仕事の関係で知り合いの日本人の方が案内をした下さるということで、ついに行く事ができました!
しかもお刺身のパーティー付です!!

まずは市場。
お魚の市場はやっぱり朝が早いです。
6時半に待ち合わせなので、家は6時過ぎに出発。
土曜日の朝もやの中市場に近づくともう沢山の人がカートや大きなバックを手に帰ってきます。
どうやら7時といえばもう最後の方らしくて、スタッフのお兄さん達も市場の裏で休憩をしていたり、片づけをしていたり・・・。

フィッシュマーケット

これは帰りに撮影。
朝日がまぶし?あ

でも、中はまだまだすごい活気!
新鮮な沢山の魚やエビ、カニ、イカなどが所狭しと並んでいます。

マーケットの中



魚は鮭やタラ、鯖、アジ、ツナ、シーバス(スズキ?)、ヒラメ、エイ、サメ、ホタテetc・・・、あとは知らないものが沢山。

魚1
魚2
魚2


見つけたくて見つからなかったのはブリ、ハマチ、さんまなど。
秋のサンマ食べたいんですけどね・・・。

でも、市場なのでもちろん単位が大きいのです。
エビは1kg、2kg単位はあたりまえ、魚でも一箱や5kなど個人では消費できない量で売っています。
やぱっぱりパーティーでもするために買いに来ないともったいないですねー。。。
後は冷凍にして保存するか・・・・などと悩みつつ市場を回っていました。

それでも新鮮な魚を目の前に、何か食べたい?、と迷った末私たちが選んだのは、
朝ごはんのためにエビ1kgと、保存ができるスモークサーモンを購入。
そして、連れてきてくださった方はお昼のパーティーのために鯖とサーモンとイカを買って、約1時間のマーケットツアーは終了。
それでもまだ8時前です。

パーティーはお昼からなので一度帰って朝ごはんです。

買ってきたエビと、えびの頭でだしをとったお味噌汁はこちらです?!
エビとごはん


エビが甘い!ぷりぷり!旨い!
エビご飯

このエビはちょっと大きめだったので食べ応えありすぎ・・・。

この後、たたきにしてご飯にのっけて、”エビのたたき丼”にして
食べました。
こちらの方が口当たりがよくて、なお美味しかったです。

お醤油とエビとご飯の組み合わせって、なんでこんなに幸せなんでしょうねぇ?。
またまたしみじみと日本人だなぁ、と改めて実感です。


それからこのお味噌汁もすんばらしいんです!
今は、この前遊びにきてくれたお友達が遠いところ運んできてくれたお味噌をいただいているのですが、それが赤だしのような赤味噌なのです。
(地元松本のお味噌ということでまたまたびっくりなのですが!)

これが魚介類によくあうお味。
エビのダシに、これまたそのお友達が持ってきてくれた青海苔(青海苔といってもガサガサと大きくてお好み焼きにかける海苔よりもっと岩のりに近いですね)がまた最高によく合って、
伊豆辺りの漁師さんの食堂で出てくるんじゃないかって言うくらいの美味しさでした?。
このタイミングでこの味噌と海苔があるということは最高だよーグッ

午後のパーティーは、〆さばとサーモンのお刺身、イカのフライ、海苔巻(キュウリと梅、納豆巻き)と本当に和食パーティー。
とーっても、とーっても美味しくって、幸せでしたー。
がっついていたので写真を取らせていただくのをすっかり忘れてしまいましたわ!あはは、、、。

次回は家でも魚パーティー、やりたいなぁー
【2007/09/17 14:51】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(1)
ロンドン観光
先週はお友達が遊びに来てくれました?わーい
旦那さまと、小さなお子ちゃまも一緒だったのですが、長旅にもめげず泣かないし、元気でほんとうにいい子でしたよ?。

私もまだ来て半年なので、交通案内くらいはできるものの初めていく所、新しい発見が沢山あるロンドン観光ができました。

その中でも特にすんばらしかった2箇所をご紹介。

天気にも恵まれたロンドン観光の1日、家に帰ろうと、しかもクルーズをしながら帰ろうとタワーブリッジのふもとの船着場で船を待っていると、なにやら警報のような”ピーッ”という音が・・・。

なんだろう?、くらいに思って気にしていなかったのですが、ふとみると
タワーブリッジが・・・動いている?!
え??、橋があがっているよ??ビックリみっちゅ

なんと跳ね橋のように道路が真ん中で真っ二つに開いて、左右に開いていきますー!!
・・・・知らなかった、いまでも橋が開くなんて・・・。


その後5分とかからずに全開になり、通ったのはこちらの船。

タワーブリッジ


これも観光用の船ですが、いかにも航海時代の船のように高いマストが(さすがに帆は張っていませんが)たっています。
このためなんですね?。

いまでも時々開くようなのですが、ぜ??んぜん知らなかった私はたいそう驚き、貴重なものがみれたーー!と大喜びでした。
タワーブリッジと夕日、という光景だけも”うむ、絶景絶景”と眺めていたのですが、こんな風景までみれて本当にラッキーでした。


もうひとつは、ロンドンのご飯はまずいなんていわせない!
イギリス料理の老舗Rulesルールズ
のお料理です!

こちらはお店の内装も風格があり、沢山の絵や鹿の剥製、角などが飾ってあってとてもクラシカル。
お店の場所は大通りより1本裏に入っていて、決して目立たず控えめに・・。
(実際何度か目の前通っているのに気がついていなかったしね?・・・汗;

その絶品のお料理はこちら
ルールズ


って、前後が逆になってしまいましたが、
奥がメインの”ローストビーフ”で、手前がフィッシュアンドチップス。
他にも伝統のキドニーパイや、こちらのお店ならではのウサギ料理も頂ました。

でもでも、やっぱりおいしかったのはロースとビーフかなぁ。
すっごいヴォリュームだし、特に、グレイビーソースが絶品!!!
油は一切入らず、純粋においしい肉汁だけを凝縮されて作ってあるソース。
透明なグレイビーってはじめてみましたよ?。
このままスープにしてもいただけてそうなほどすっきりとして、本当に丁寧に作ってあるおいしさでした?。

フィッシュアンドチップスは衣がパリパリと薄くて(この辺りに上品さが漂う)、ちゃんと新聞紙に包まれていても油がしみないように料理と新聞の間にパラフィンがはさまれている(笑
ちょっと邪道でしょう?、と思いつつ「ここは高級レストランだから」と一人でつっこんでしまいましたが・・・。
こちらでのヒットはタルタルソース。
ピクルスと玉ねぎ、ほかの余計な味がしなくておいしい!
それから、いくらチップスを食べてもも胃にもたれない?、油がいいんでしょうねぇ・・。

で、やっぱりおなかいっぱいでデザートまでは手が出ずに終わってしまいました。

こちらのお店でもうひとつ特記すべきは、ウェイターさんのサービスのよさ。
入店時のお出迎え、子供への対応、メニューの説明などなど・・・。
いつもにこやかに笑顔で親切で、とてもリラックスして食事がいただけました。
平日の昼空いている時間とはいえ、とっても気持ちよく食事をいただくことができました。
さすが、老舗の風格です。

知らないロンドンや新しい表情を沢山見て、いろいろな話をして、本当に楽しかったですなぁ?。
遠いところ来てくれて本当にありがとう!!
そして、また機会があれば来て下さいね。
【2007/09/07 15:01】 | ロンドン | トラックバック(0) | コメント(0)
ミシン
ミシンを買いました(買ってもらいました)。
以前ニットの話をしましたが、ソーイングも好きです。
冬はニット、夏はソーイングなんて感じでやっているとなかなかちゃんとした作品はできないですね。作業が遅いので。
でも、せっかく時間もあるし小物をチョコチョコ作ってみたいなぁと思い、なんとか安いのをみつけて買ってもらいました。
安いので、下糸がボビンケースです。。。
ミシン


でも、コンパクトで使いよくて気に入っています。
この、コンパクトというのは大事ですね。
最近は日本でもそうですが、機能が良くなりすぎて、逆に重くなったり仰々しくなったり・・・。
直線縫いとジグザグ、+ちょっとした機能があれば、私程度の趣味の人間は用が足りるのですよね?。

さてさて、まずはクッションカバーかランチョンマットからでも作りましょうかね?。
【2007/09/04 20:28】 | モノづくり | トラックバック(0) | コメント(0)
太陽の国! その3
それから、イタリアの食べ物ではずせないのがスウィーツです。
フランスやイギリスの焼き菓子、クリーム系と比べて
イタリアの南というとジェラート、それから揚げ菓子とフルーツを使ったお菓子がイメージにあります。

さて、シチリア島は・・・?


まずはジェラート。
街のあちらこちらにジェラートショップがあります。

こちらはレモン味のジェラート
ジェラート1


次はフルーツとジェラートも盛り合わせです。
2種類のジェラートはお任せだったのですが、バナナ味とカスタード味でした。
ジェラート2


大体のお店はでは10種類以上のジェラートが!
中には20種類近くもあるお店もあります。
シチリア島ならでは、といえばアーモンドやピスタチオのジェラートもありました。

みんな2種類、3種類と盛り合わせて食べていますが、
注文の仕方がよくわからず・・・(泣、とりあえずは1種類で。

シチリア島のレモンは皮が緑色のレモンもあって、
そちらのほうが酸味がまろやかで香りがやわらかい気がします。

ピスタチオのジェラートも食べましたが、香ばしい香りが意外とさっぱりしていて美味しい!

そういえばナッツといえば、アーモンドも有名。
路上でトラックの荷台に果物やナッツを沢山積んで量り売りをしているおじさんがいて、そこでピスタチオとアーモンドを買って食べました。
アーモンドは平たくて大粒。本当にアマレットのお酒の香りのするアーモンドでした。
ピスタチオも香ばしくて甘くて美味しい!

それで、シチリア島ではアーモンドの粉をベースにしたお菓子が地元のお菓子です。

こちら、アーモンドの生地にレモンの皮の甘く煮たものを包んで焼いたものです。
(名前は忘れました・・・)
お菓子

ほろほろとくずれるやわらかな生地がほんのりとアーモンドの香りがして、なかなか素朴でおいしかったです。

それから、買ったり食べたりはしなかったのですが、
マジパンのお菓子


こんな、とてもきれいな果物を模したお菓子も有名です。
マジパン(アーモンドと砂糖などを混ぜてペースト状にしたもの)で形を作り、色をつけて焼いたという手の込んだお菓子です。
ガイドブックにはもともと教会の僧侶たちが作っていたということで、とても伝統的なものだそうです。
街のあちこちで見かけました。
マジパンのお菓子はなかなか口に合うことが少ないので、買うのは控えましたが、見ているだけで楽しくなりますね。


それから、なぜかイタリアのお菓子は揚げ菓子もメジャー。
これもシチリアのお菓子”カンノーロ”
お菓子2


甘いクリームかと思って食べたら、意外!さっぱり!美味しい!!
何ベースかしら、と思っていたらどうやらリコッタチーズベースみたいです。
なるほど、真っ白でさっぱりとしたクリームにフルーツの皮がさわやかで、ピスタチオが香ばしくて、皮もさくさくでとっても美味しい。
たまに日本でも見かけるようになったお菓子ではあるのですが、ティラミスやチョコレートケーキと並ぶとついつい食べ損ねてしまって・・・
でも、おすすめです。

最後にもうひとつ、ヌガーです。
ヌガー


イタリアのヌガーは、手間を掛けて作るとても伝統的なお菓子です。
それに地元のアーモンドとピスタチオ!
日本のフランス菓子のお店で食べたカリッとしたヌガーを想像したのですが、こちらはもう少ししっとりとして日本の落雁にもにています。
ナッツの香りの後に砂糖がすーっと口のなかで溶けて、甘さが体にしみこみます。

あとは、ティラミスは食べられなかったので、ティラミスのジェラートとか、先に書いたように果物やさんのおじさんからぶどうやモモを買って食べたりしました。
道端にはスイカやメロンをその場で食べれるお店もあって、
本当に果物天国だ?わーいと思いましたね?。
【2007/09/02 20:52】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2)
太陽の国! その2
さて、イタリアといえば”マンジャーレ!”
食べ物の国です!
南の国、島といえば魚介以外にありえないでしょう?!
日本人にはうれしいことです。

まずはパスタ。

着いて最初に食べたのが、魚介のパスタ。
これが最高にうまかった!マイウ?ですきゃっ

初日のパスタ








(ちょっと画像がよくないですが・・・)

魚介も沢山入っていて、ガーリックの香りとトマトソースで本当に美味しい!
ロンドンを出た7時から食事をした3時まで何も食べなくて、超空腹だったということもありますが、でもおいしかったです。

それからもうひとつ魚介のパスタ。
最終日のパスタ

これは、もっと家庭的な味で、ボリュームもたっぷり!
ソースはトマトベースですが、まったり濃厚なトマトクリームのようなお味。
察するにチーズを混ぜてあるのかと思われます。
が、それがまたまろやかで美味しい?。

トマトのパスタも負けていません。
トマトのパスタ

同じお店のトマトのパスタ。
とてもさっぱりしていて、トマトの味がしっかり。

もうひとつのお店でも食べましたが、
そちらはガーリックがしっかり効いていて私好みでした。
あっさりトマトか、しっかりガーリックか、好みの分かれるところだと思いますが、どちらも美味しい!

魚介といえばサラダも食べました!
ボリューム満点の魚介のサラダはこちら。
魚介のサラダ

このお店は、本当に量が多くて・・・。
半地下になっていて、メニューも出ていなくて、お母さんがいて、娘さんが手伝ってととても家庭的。
まさに、”マンマミーア”の味なのでしょう。

それとは対照的に魚介専門のレストランでは、生のお魚を食べました!
新鮮魚介の盛り合わせ
生さかなの盛り合わせ


お店のおじさんご自慢の魚をたっぷりと盛り合わせてあります。
小さなエビと手長エビ(殻つき)が2種類、魚も2種類。
特に、エビが甘くて、とろけます?sc07

お魚以外では野菜はマリネかサラダが多いのですが、
シチリアではグリルの野菜もメジャーな食べ方らしいです。
これは、シチリア野菜の盛り合わせ。
野菜のグリル


パン粉を使って焼いたものもありますが、どれもグリルとオリーブオイルであっさり味で、野菜が甘くて美味しかったです。

どこもボリュームが満点で、お店で一皿食べた後はものすごくおなかいっぱい。
コースでなんて、とても食べられません。
ティラミスも入る隙間がなくて、結局食べられませんでした?。
イタリアに行くのなら、胃袋を鍛えていかねば!!

【2007/09/01 19:57】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。