スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
チャイニーズニューイヤー
先週の2月7日は中国の旧正月、チャイニーズニューイヤーでしたね。
それで、チャイナタウンでもなにかイベントでをやっていないかと出かけてみました。

そうしたら・・・・

なにかイベントどころの話ではなく、パレードに花火に出店にコンサートに、と
町中でお祭り騒ぎ一色でした絵文字名を入力してください

チャイナタウンに着くよりずっと前から、交通止め。
乗り換えようと思ったバスも通っておらず、天気もいいのでお散歩がてら歩きましたが、
なのにどうやらパレードのあとらしく、なにも見れず、残念orz

チャウナタウンに入ったと思ったら、今度は人・人・人。。。
と思ったらいきなり人の流れが止まって軽快な音楽が。
どうやら小さな獅子舞の踊りです。
獅子舞

すごくカラフル?。

後はさらに人が増えて、まるでお正月の明治神宮のよう(行ったことありませんが・・・)。
その列にいるのは少々危険そうなのと、おなかが空いてきたので、
その前に見た出店に行くためにUターン。

出店は日本のように飾り物やお守りのようなものを売っているお店もあります。
出店


でも、花より団子。
おいしい肉まん(豚・鳥)とちまきを食べましたグッ
でも食べるためには並ばないといけなくて、それだけで疲れてしまいまったし、
人ごみに長くいるのは苦手なので、それでチャイナタウンは終了。

その後カフェで休んでいたら外で花火が上がったり、
帰りがけに通ったトラファルガースクエアーでは仮設舞台で音楽や踊りをやっていて、
それを見る人で広場は満杯で、すごく盛り上がっていました。

なんだか予想よりも大きなフェスティバルだし、見所は見逃してしまうし
もう少し下調べして見に行けばよかったです。

とはいえ、あれだけの人を集が集まったり、
パレードのためにメインストリートを何キロも交通止めにしてしまうような
チャイニーズの底力はすごいですね?。
スポンサーサイト
【2008/02/11 18:40】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(2)
葉加瀬太郎のコンサート
どうやら、葉加瀬太郎がロンドンで初公演をするそうです。
さっそくチケットをとってみました?。
日本でも一度だけコンサートに行ったことがあるのですが、
なかなかよかったので。
(でも、日本のサイトだとまだ非公開みたい?)

日本ではパフォーマンスもトークも楽しい舞台だったのですが、
ロンドンではどうでしょうか?
ボックスオフィスのウェブサイトでは写真も無く、普通にクラシックのリサイタルのように紹介されていましたが・・・。
はかせたろう
【2008/02/02 14:29】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(3)
着物でお食事
ロンドンで着物を着た話は以前しましたが、
それが発展して「着物を着る練習会」をしています。

初めは着る目的があったので、そのために練習をしていましたが、
それが終わってしまえば着物もおしまい、、、、
では、もったいないので、時間を見つけてはみんなで集まって着る機会を持つようにしたいねー、と話しているのです。

そして、今回はそれにお食事つき、という豪華版!が実現しましたjumee☆shy2



oryouri

記念の第1回目なので、気合を入れてフレンチのランチコースにしました。
Oh,素晴らしい

まだまだ着物を着慣れないので、緊張しましたが、
街中を歩く余裕はまだないので、行きかえりはタクシーを利用しました。
なので、終わってしまえば意外と楽チン、でしたね?。
楽しかったですよーー。


ところで、行きのタクシーでのこと。
運転手さんはバングラディッシュ人のおじさんでした。

着物をみて素晴らしい!と言ってくれたおじさんですが、
おじさん「君たちはマレーシアから来たのかい?」
Aさん(一緒にお食事に行った日本人の女性)「いえ、日本人ですよ」
おじさん「そうかい、あそこにマレーシア航空のオフィスがあるだろ。
     そこから来たかと思ったよ」
Aさん 「・・・」

そんな、タクシーを乗った近くにマレーシア航空のオフィスがあるからって、安易な・・・。
おじさん20年以上のロンドン在住者らしいですが、そんなものでしょうかねぇ。。。
”着物=日本”というのは結構認識高いと思っていたので、ちょっとショックでしたね?。

それが、アフリカとか南アメリカとか本当に遠いところの人ならわかりますが、バングラディッシュといばアジアですから、結構お近くのはず、、。
でも、20年ロンドンにいるというので、それとこれは関係ないかもしれませんね。
単にロンドンで、着物が目に留まることが少ないということでしょう。

まぁ、それが現実ということで、これからも着物でお出かけして、
KIMONO=JAPAN!の認識を高めてもらうようにしましょう?。

DSCN9577.jpg

【2007/11/29 23:28】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(3)
クリスマスデコレーション
先週末に見たクリスマスデコレーションのあれこれです。

<その1>オックスフォードストリート
道路の両端の建物からワイヤーをつって真ん中にイルミネーション。
これがメイン通りの上をず??っと続きます。
オックスフォードサーカス


<その2>ソーホー
これも道路の上に、すっごいデコレーションです。
その1の通りよりも歩行者だけの狭い通りなのでできる業ですね。
ソーホー


<その3>変なツリー
あるデパートで見つけた不思議なツリーです。
写真左のツリーは上下さかさまえぇ
アップサイドダウンツリーです。
思わず笑いがこぼれるユニークさ。ウケます。みんな必ず立ち止まって見ていきます。
こういう遊び心は好きですね?。
アップサイドダウンツリー


<その4>ウチのツリー
最後にちょっと貧弱ですが、ウチのツリーです。
ウチのツリー

(ちょっとバックが散らかっていたので塗ってみました。。。。)
日本から持ってきたものなんですが、こちらで飾ると、
ち、小さいなぁ?汗;、という感じです。
【2007/11/20 16:28】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(3)
ダブル・ブッキング
今日は小ネタに挑戦です。

ダブルブッキングといえば、飛行機で有名。

でも、今回は

初・ミュージカルでダブルブッキングでした

某・ミュージカルを見に行ったときのこと、
夕方にチケット売り場を巡って、あまりメジャーではないものを買いました。
メジャーではないためか、もう開園3時間前のためかお値段は激安。
?40以上のものが?19でゲットできました。
席はいわゆるUpper Surcleで2階ですが、前の方でなかなかGOODです。

で、20分ほど前に会場に着いて席まで行ってみると、すでにカップルがいます。
声をかけると同じお席。
あらっ!ダブルブッキング。
窓口に行くと、私たちの席が変更になることに。

変わった席は1階のステージのまん前。
端っこのほうでしたが、これはラッキーjumee☆peace1

ところが、席を変更している途中で先ほどの元々席にいた人が再びやって来て、

「この人も同じだったよ?」と、
ほかの人を連れてきました。
わぉ、トリプルブッキングだ汗;

窓口のお姉さんも手際よく処理していたし、びっくりもしていなかったしこういうシチュエーションに慣れているのかなぁ、とちょっと複雑な気分でした。

しかし、先に席にいた人は定価の?4○で買っていたので、
少々気が引ける気もしますな。。。。
たまにはメジャーではない舞台もいろいろあっておもしろいですね。
【2007/11/11 05:26】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0)
バレエ!
このところ立て続けに初体験ばかり!なのですが・・・、

先日は”初・バレエ観劇(?!)してきました?jumee☆peace1
もちろんロイヤルオペラハウスです。
近くはよく通ったことがあったのですが、中に入るのは初めて!

しかも演目が「ロミオとジュリエット」という
入門編にはこれ以上にないぴったりの舞台です。
オペラハウスなので、頑張って小洒落て小さいバックで行ったので、
写真はないですが、まあ、それは次の機会にでも・・・。

舞台は、本当によかったです??!
実は、私は結構芸術観賞は苦手なんです顔
オーケストラよりは、歌や台詞のあるミュージカル、
絵画より写真のほうがいいのです。
抽象的なものが苦手で、なにより分かり易いのが一番!
なんていう感性の低さなので、ひそかにバレエは理解できないんじゃないかと懸念していた、
のです。。。

が、やっぱり面白い!し、すごい!!
なにがすごいって、舞台一つを踊りだけで<(当たり前ですが)それこそなんでも、泣き笑い、それから葛藤や苦悩、人生だってなんだって表してしまうって、ものすごいものだと思ったのです。
そのためには、本当に豊かな表現力を生み出すための踊りがあって、
音楽があって。。。

そうです、音楽があんなにしっかり聞こえたのはもう一つの感動でした。
主題の分かりにくいオーケストラに比べてストーリーがあって、表情があって、
歌が主役のミュージカルよりもオケが本当に主役級!

などなどなどなど、、、、今までの疑問が解けると同時に
沢山の発見・発見でおもしろいかったですーー。

とはいえ、やっぱり初だとストーリーを追うだけでいっぱいいっぱい。
余裕で楽しむにはもう少し通わないとなぁ。
楽しむためには目を肥やさないとね?。

オペラハウスの中も、もう、ものすごく素敵で、
真っ赤な客席に、ドーム型の高い天井にはウェッジウッドを思わせる繊細な装飾。
ロビーもバーはもちろん、レストラン(!!!)があって、それが天井も吹き抜けで素敵過ぎます?。
外見の「入り口はどこ?!」みたいなさっぱりした雰囲気からは想像ができません!
中に入るだけで幸せ、です。通いたくなります。

しかも余談ですが、バレエって安くてびっくり!!
もちろん席にもよるんですが、物によってはミュージカルのマチネよりもずっと安かったりして、なんだかお得感あり、なのです。

オペラも見たくなってしまったし、
ちょっとお腹いっぱいになったら、またミュージカルで気楽に楽しんで・・・、
そんなのは、ロンドンの冬の楽しみ方としてはとってもいいんじゃないでしょうか??!
【2007/10/19 06:27】 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(5)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。