スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
旅行と帰国
さてさて、先週は旅行に行っていました?。
今回はスペイン&ルクセンブルク
スペインではバルセロナが目的地でした。

そして、ルクセンブルクという国名に「??」となった、アナタ
それは、しょうがないです。
ベネルクス三国”ベルギー””ルクセンブルク””オランダ”のうちの一国なのですが、
今回のためにガイドブック(かの有名な「○球の△き方」)を買っても、
紹介ページがたった20P程度(ベネルクス三国、全P420中ですよ!)。
ひ、ひどすぎます。。。
でも、ガイドブックの紹介が少なくたって、いいところはいいところ、なのです。

スペインでは、サグラダファミリアを筆頭とするガウディー建築、
FCバルセロナのサッカー観戦、
タパス、フラメンコと楽しみ満載でした。
サグラダファミリア


ルクセンブルグはお友達に会いに、それから近くのドイツの小さな町をいくつか周り、
いくつかの歴史に触れてきました。
ルクセンの渓谷


詳しくは追々書きたいと思います。

そして、そんな旅の思い出をまとめる間もなく、次は日本に一時帰国です。
ほぼ1年ぶりの日本、楽しみ半分、花粉の恐怖半分・・・。行ってきます絵文字名を入力してください

スポンサーサイト
【2008/03/17 01:05】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)
paris2 ?その3-2?
飛行機キャンセルという事態になり、致し方なく空港に足止めになってしまったその夜、航空会社が手配してくれたホテルは大手チェーンの普通のホテルで、食事も付くし意外とラッキーじゃないか?!
と思っていました、が・・・・。

お昼のラーメン&餃子でお腹いっぱいになって私たちは、夕食は8時ころ食堂に行きました。

すると、食堂の入り口に行列が・・・。
何かと思ったら
「今は席がないので、10時15分に来てくれ」って?、
2時間後マジですか?!

明日は朝一のフライトだから5時起きだ?、と言っていたのに。
マジですか?!

でも、スタッフのお兄さんも
「みんな同じなんだよ。準備できれば入れさせてあげたいけど、席がないんだからどうしようもないんだ。」と。
まあ、そりゃそうでしょう、みんなキャンセルで来ているんですから。

で、部屋に戻ってシャワーなど浴びて9時過ぎ。

フロントに行ったついでに食堂に寄ったら、

  お兄さん「あー、あと5分くらいだね」と。

はぁ、予定より1時間も早いんですが、いいですか。。。

  J    「じゃあ、ここで待ちます」と言ったら、
  お兄さん「あー、う?ん、10分くらいかな」と、
適当だ・・・。

で、だんなさんが食堂の中にいるお客を見て、
  だんな 「あの人、俺たちの後ろに並んでいた人たちだ!」
と言うので、もう一度確認したら、

  お兄さん「あー、じゃあ今いいよ」って、

実際、予約リストでも私たちより後の人がチェックしてあるし、
とばされてんじゃん、私たちやるせなし!!
あー、確認してよかった。

まあ、そんなこんなでご飯を頂くことができました。

朝食は並ばなくてすみましたが、
その代わり、パウンドケーキ・コーヒーと果物(りんご、バナナがそのまま)以外
何にもなかったですjumee☆faceA149

バターやジャムはありましたが、つけるパンがない。
コーンフレークがありましたが、空のミルクピッチャーだけがそこにあって、
ちょっとかわいそう・・。
5時半だったしね。
開いているだけありがたいんです。
果物だけもらってきました。

フライトは少し遅れましたが、とにかくロンドンに着いただけありがたい!

それでも、市内に着いたら今度は地下鉄が止まっていたり、
タクシーもなかなか拾えなかったり、
そのまま出勤のだんなさまは、さらにミゼラブル??、になっていました。。。かわいそう。

話には聞いていましたが、フライトキャンセルで一泊なんていうのは初めて。
そんな時、ホテルや食事をちゃんと準備してもらえると言うのはありがたいことです。
下手したら空港で一泊、何てこともあり得ますからね?。

なんにせよ、無事に帰ってこれてよかったですよ?羅琉 喜
【2007/12/09 07:26】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(3)
Paris2 ?その3?1?
最後はお決まり、トラブル編です。
しかも多かったので、2回に分けます。(それでも書ききれない・・顔

今回の旅は、前半ハッピー、後半ミゼラブル??な旅だったのです。

最後の日は雨、に風。
しかも日曜日でお店は開いておらず、美術館は見てしまったし、
どうしよう・・・うーん

雨が小降りになったところを見計らって行ったマルシェ(マーケット)は正解でしたが、
その後は雨・風・雨・・。

雨のパリ



バスで市内を周りつつ、でしたが前の晩に手袋と帽子を失くしてしまい、外を歩くと寒い・・。
風が強くて、折りたたみ傘が役に立たない・・・。

ということで、暖かいものが食べたくなりました。
こんなときは

アッツ熱の”ラーメン”に限りますよね!
実はうわさで、パリのラーメンは美味しい、とのこと。
ロンドンでもラーメンは食べれますが、いまいち不満足だった私たちは早速うわさのラーメンを食べに行こうという事になりました。
友達に場所を教えてもらって、いざ日本人街へGO!

中国人らしいスタッフでしたが、日本語OK.
頼んだのは味噌ラーメン、野菜ラーメンと、やっぱり餃子でしょうjumee☆SaturdayNightFeverL
美味しかったです?!!

この先、とんだ悲劇が待っているとは知らずに、ルンルン・元気満々になって空港に向かいました。

...続きを読む
【2007/12/08 10:00】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2)
pariss2 ?その2?
ディズニー編です。

あまり朝早くから気合を入れていくほどでもない、と思い、
10時半過ぎに到着。実は10時開園でした(笑。
珍しく天気もよく、ラッキー。
寒いは寒かったですけどねー。

入口


やはりチケット売り場はちょっと込んでいて、中に入ったのが11時です。
パレードの最後のほうが見れました。
開園すぐにパレードなのですねぇ。

パレード


ところが、このパレードの人たち

踊らないんです??

音楽も、乗り物も、キャラクターもまあ、いいんですけど、
(15周年だし気合は入っているのでしょう)、
ぬいぐるみさんたちは、にこやかに手を振るだけ。
もしくはちょっとリズムに合わせて体をゆすったり、
ほかのぬいぐるみさんとじゃれ合ったり・・・・。

ええーー、これは、日本の
”ちょー迫力ダンサーたちの、ノリノリの踊り”
を見慣れている日本人には物足りないなぁ・・・。

まあ、上品でいいのでしょう。
止まって一緒に写真撮影とかもしてくれるし。

ちょっと逆光ですが、お城です。
お城

小ぶりですが、ピンクでかわいいです。
塔のあちこちにキャラクターがいるんですが、
ちょっと遠くてわからないですね。

クリスマスらしくツリーです。
ツリー

日本のツリーはアーケードの中なので写真にとるとちょっとうまくとれないのですが、これは外なのできれいに撮れますね。

ワールドバザールが屋根の下というのは、日本のお国柄(雨が多い)なのだろうと思いました。

乗り物・アトラクションは5?6こ乗りましたが、
パリのスペースマウンテンはこんな感じです。
スペースマウンテン

出発してからこのトンネルをガーっ、と駆け上るのだとか。。。。
実は、乗ったのはだんなさんだけ。
1時間ほど待って、乗り場に着いたときに係員のお兄さんに「回転するのか」と聞いたら

「Yes,Three Times!(そう、3回転!)」
などとにこやかに答えるので、
速攻
「No!!」です。

だんなはその日のった3つのコースター系で一番楽しかったらしいですよ・・・。
ごめんねぇ、いっしょに楽しめなくてsc07

それ以外のアトラクションは日本と似ていますが、細部の細かさは日本が上ですね?。
食事も。同じファーストフードでもサービスが悪いです。
遅すぎる。ファーストフードなのに待つってどういうこと!
と、ロンドンに住んでいたってついつい言いたくなってしまう。

種類は日本のディズニーランドとディズニーシーのいいところを持ってきたような感じで、いろいろあります。

でも、雰囲気は相変わらずディズニーだし、人も多いし、天気もよかったし、帰りの電車も込んでいないし、(みんな隣のディズニー村に行ってしまった)、
たまに楽しむにはいいのではないのでしょうか?。

【2007/12/07 19:15】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2)
paris 2 ?その1?
先週末は、2度目のパリに行ってきました?。
半年で2回。よっぽど好きかって感じですが、それよりなにより
行きやすい!
おいしい!
というのが理由でしょう。

それから、今回はほかの目的もあります。
?友達に会う
?ディズニーランドに行く!

?前回行けなかったオルセーに行く(だんな)
です。

私は知る人ぞ知る、ディズニーランド好きなのですよ絵文字名を入力してください
でも、キャラクターを全部知っていたり、グッズを集めたり、とかそういうディズニーマニア、ではなく、単に”ディズニーランド”という場所が好きなのですがーー。(なので、雰囲気がそんな感じならディズニーでなくてもよいのです・・・。)
でも、ディズニーランド好きとしてはやっぱりユーロディズニーも体験しなくちゃね!

お友達は日本人の方なのですが、私がロンドンに来てから何度か会えそうな機会はあったのですが、その都度予定が合わずに会えなくて、今回こそは会えるかと気合が入ります。

パリもクリスマスイルミネーション真っ盛りです。
ラファイエット

...続きを読む
【2007/12/05 18:52】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(4)
太陽の国! その3
それから、イタリアの食べ物ではずせないのがスウィーツです。
フランスやイギリスの焼き菓子、クリーム系と比べて
イタリアの南というとジェラート、それから揚げ菓子とフルーツを使ったお菓子がイメージにあります。

さて、シチリア島は・・・?


まずはジェラート。
街のあちらこちらにジェラートショップがあります。

こちらはレモン味のジェラート
ジェラート1


次はフルーツとジェラートも盛り合わせです。
2種類のジェラートはお任せだったのですが、バナナ味とカスタード味でした。
ジェラート2


大体のお店はでは10種類以上のジェラートが!
中には20種類近くもあるお店もあります。
シチリア島ならでは、といえばアーモンドやピスタチオのジェラートもありました。

みんな2種類、3種類と盛り合わせて食べていますが、
注文の仕方がよくわからず・・・(泣、とりあえずは1種類で。

シチリア島のレモンは皮が緑色のレモンもあって、
そちらのほうが酸味がまろやかで香りがやわらかい気がします。

ピスタチオのジェラートも食べましたが、香ばしい香りが意外とさっぱりしていて美味しい!

そういえばナッツといえば、アーモンドも有名。
路上でトラックの荷台に果物やナッツを沢山積んで量り売りをしているおじさんがいて、そこでピスタチオとアーモンドを買って食べました。
アーモンドは平たくて大粒。本当にアマレットのお酒の香りのするアーモンドでした。
ピスタチオも香ばしくて甘くて美味しい!

それで、シチリア島ではアーモンドの粉をベースにしたお菓子が地元のお菓子です。

こちら、アーモンドの生地にレモンの皮の甘く煮たものを包んで焼いたものです。
(名前は忘れました・・・)
お菓子

ほろほろとくずれるやわらかな生地がほんのりとアーモンドの香りがして、なかなか素朴でおいしかったです。

それから、買ったり食べたりはしなかったのですが、
マジパンのお菓子


こんな、とてもきれいな果物を模したお菓子も有名です。
マジパン(アーモンドと砂糖などを混ぜてペースト状にしたもの)で形を作り、色をつけて焼いたという手の込んだお菓子です。
ガイドブックにはもともと教会の僧侶たちが作っていたということで、とても伝統的なものだそうです。
街のあちこちで見かけました。
マジパンのお菓子はなかなか口に合うことが少ないので、買うのは控えましたが、見ているだけで楽しくなりますね。


それから、なぜかイタリアのお菓子は揚げ菓子もメジャー。
これもシチリアのお菓子”カンノーロ”
お菓子2


甘いクリームかと思って食べたら、意外!さっぱり!美味しい!!
何ベースかしら、と思っていたらどうやらリコッタチーズベースみたいです。
なるほど、真っ白でさっぱりとしたクリームにフルーツの皮がさわやかで、ピスタチオが香ばしくて、皮もさくさくでとっても美味しい。
たまに日本でも見かけるようになったお菓子ではあるのですが、ティラミスやチョコレートケーキと並ぶとついつい食べ損ねてしまって・・・
でも、おすすめです。

最後にもうひとつ、ヌガーです。
ヌガー


イタリアのヌガーは、手間を掛けて作るとても伝統的なお菓子です。
それに地元のアーモンドとピスタチオ!
日本のフランス菓子のお店で食べたカリッとしたヌガーを想像したのですが、こちらはもう少ししっとりとして日本の落雁にもにています。
ナッツの香りの後に砂糖がすーっと口のなかで溶けて、甘さが体にしみこみます。

あとは、ティラミスは食べられなかったので、ティラミスのジェラートとか、先に書いたように果物やさんのおじさんからぶどうやモモを買って食べたりしました。
道端にはスイカやメロンをその場で食べれるお店もあって、
本当に果物天国だ?わーいと思いましたね?。
【2007/09/02 20:52】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。