スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ずっと
以前にロンドンから帰国してしまい、中途半端になってしまったこのブログ。。。

ルクセンの紹介できなくて、すみません。


ロンドンから帰る時はあまりにも突然で、何がどうなるか分からなかったけれど、
気がつけば3年。
当時からは考えられないくらい、もっともっと新しい人生がありました。

移動、出会い、別れ、、さらに新しい出会い。その中で変わらないもの。

自分の人生に沢山のシワが刻まれた3年でした。

今思うに、それでもこの1年は人生でも1番色濃く刻まれた年でした。
あっぱれ2007年!!
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2011/03/03 00:03】 | ロンドン | コメント(1)
旅行と帰国
さてさて、先週は旅行に行っていました?。
今回はスペイン&ルクセンブルク
スペインではバルセロナが目的地でした。

そして、ルクセンブルクという国名に「??」となった、アナタ
それは、しょうがないです。
ベネルクス三国”ベルギー””ルクセンブルク””オランダ”のうちの一国なのですが、
今回のためにガイドブック(かの有名な「○球の△き方」)を買っても、
紹介ページがたった20P程度(ベネルクス三国、全P420中ですよ!)。
ひ、ひどすぎます。。。
でも、ガイドブックの紹介が少なくたって、いいところはいいところ、なのです。

スペインでは、サグラダファミリアを筆頭とするガウディー建築、
FCバルセロナのサッカー観戦、
タパス、フラメンコと楽しみ満載でした。
サグラダファミリア


ルクセンブルグはお友達に会いに、それから近くのドイツの小さな町をいくつか周り、
いくつかの歴史に触れてきました。
ルクセンの渓谷


詳しくは追々書きたいと思います。

そして、そんな旅の思い出をまとめる間もなく、次は日本に一時帰国です。
ほぼ1年ぶりの日本、楽しみ半分、花粉の恐怖半分・・・。行ってきます絵文字名を入力してください

【2008/03/17 01:05】 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)
もう一つの日本文化
約1年海外に住んで、このブログでも素晴らしい日本の文化について書きました。
長い歴史の中で培われた素晴らしい芸術、日本人の職人気質、
技術の細かさ、本物を追求する職人魂。

そういうのは、日本人が持つ素晴らしい面です。
そして、私がこちらに来ていつも思うのは、どんなことでもよい面、悪い面は表裏一体、
よい面と悪い面はどうしてもセットになっていると思うのです。

日本人は几帳面ですが、その分融通が利かないし、
イギリス人は適当だけど、だからこそいろいろな国の人や文化を受け入れる器が大きい、というか。

ということから、日本の素晴らしい文化を愛するのであれば、
その裏にある悲しい歴史のことにも目を向けてみる必要があるかな、と思うことがあります。

そのうちの一つが
”ハンセン病問題”です。

私が初めてハンセン病について知ったのは、数年前熊本で起こった
”『らい予防法』違憲国家賠償請求訴訟”です。
この”らい予防法”が違憲、つまりそれまでの国の政策が間違いだったと認めた裁判です。
ニュースで少し見ただけでしたが、元患者さんの訴えが悲痛でとてもよく覚えていました。
今回調べたら地裁に1998年に訴訟を起こし、そして2001年まで裁判は続いたようです。


そして、最近友達から再び聞いたのが、ハンセン病問題、ハンセンボランティア。
”まだ、やっぱりあるのか”というのと、
”今残っている問題はなんだろう”という疑問がありました。

この先の話はそんなに難しい話ではありません。(少し長い話ですが)
ちょっと悲しい話ですが、日本人としてなるべく多くの人が知っているべきだなと思う話なので、こちらに書こうと思いましたjumee☆biceps1
(もっといろいろな歴史もあるのでしょうが、日本人が日本人に行ったこと、
どの国よりも対策がひどかった、という話を聞いて、とても大事に考えるべきことだと思ったのです)
...続きを読む

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/03/07 19:16】 | ロンドン | トラックバック(0) | コメント(3)
Cooking tool2
便利グッズ第2弾です。

これは、日本では見かけないものですが、
”トースターバック”

こちらのトースターは本当にトーストメインのポップアップが主流。
というよりも、日本方のオーブントースターはほとんど見かけません。

では、ピザトーストやお弁当に便利なオーブントースターでチンするおかずは
温められないじゃないかやるせなし
って、本当に温められないんです、そういうのは。

そこで、このバックの登場です。
toast bag
...続きを読む
【2008/03/06 17:00】 | 料理・食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)
ID再び
お仕事では、まだ何もちゃんとできないので使い走りも沢山です。

その一つが、近くのスーパーへの買出しjumee☆shy2
よく物が足りなくなるので、
小麦粉・パン・洗剤・ニンニクetc、いろいろなものを買いに行きます。

スーパーはほんの20Mくらい先なので、行って帰っても5分くらい。
”初めてのお使い”みたいで楽しいのですが、1日2回も3回もあると
『事前にちゃんと発注して揃えておきましょう』とも思いますが・・・。
(きっと彼らとしては、「なくなればスーパーに買いに行けば大丈夫!」とポジティブに考えるんでしょうね。)

それはさておき、今日のお使いは”ワイン”

料理用の白ワインです。
ここだけの話、”一番安いのね、なんでもいいから”、
とだけ言われて適当に買うのですが、前回も同じお使いをしたことがあったので、
同じものを手に取って、レジへ。
ワイン2本だけなので、自分でお勘定ができるセルフレジでささっと済ませます。

店も近いし、袋もいらないので、小脇に抱えて、さあ帰ろう!としたら・・・
見張りのお姉さん(セルフのレジ6台に対してスタッフが一人、トラブル対処のためにいるのです)

「ちょっとまって、あなたいくつ??」

私は「またきたよーーうーん」と思いつつ

「3△才ですけど。」、と返答。

まだ納得できないらしく、
「でも、あなた16歳とかに見えるわね。

ちょっとー、いくらなんでもそれはないんじゃないですか?!
だって、その時の格好は
コックコートのような仕事着着ていたんですよ?、どう見ても仕事している人でしょう。

しかもお店でお金もらってそのままきたから、自分のお財布とか持ってないし、
その中に入っているIDも持ってないし、
しょうがないので
「そういう人多いけど、本当に私は3△才で、197△年生まれなんです。」
と、さすがに口調を強めて言ったら、ようやく
「わかった、わかった」という感じで開放してくれました。ほ?jumee☆faceA51

今ロンドンはタバコを買うのも証明書とか必要ですし、
未成年者の飲酒もすごく問題になっていて厳しいのは分かるし、
そうしてもらいたいので怒りはしませんけど、
コックコート着て、朝の10時にワイン買いに来ているのは客は仕事だろう、
とかは思わないんですかね?

帰ってブラジル人にこの話をしたら
「まあ、君は12歳にだって見えるよ」って・・・・、
まあそんなのは軽いコミュニケーションということで、笑顔で許しちゃうんですけどね笑

【2008/02/29 17:34】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2)
暖かい言葉
今日は仕事に遅れてしまいました。
と、しょっぱなからなんだなんだ、という感じですが
地下鉄が目の前で止まってしまったのでしょうがない。
駅から地下鉄なら30分かからずに行くのですが、バスに乗ったりすると1,5?2倍くらいの時間がかかります。

地下鉄は止まっただけでなく、消防車や消防士が来てなにやら騒々しいことになっていました。
(夕方には通常運転していたので、大丈夫だったようですが。。。)

ところで、そんなことでへこんでいてはロンドンで暮らせないので、
気を取り直して職場に一報。
リーダー(彼はブラジル人)の
「Hello,コンニチハ。How are you?」
という日本語交じりの挨拶にホッとして事情を説明して、とりあえずOK。
バスや地下鉄を駆使して20分遅れで到着です。

「遅れてすみません」というと、
そのブラジル人のリーダーが
「大丈夫だよ、いつものことだから(地下鉄が遅れるのは日常茶飯事)」と、
手を差し出してくれて、握手。
「普通より大変なことになっていたよ?、消防車とか来ていたし。」
というと、

「それは、火事かなにか起こったのかな。。
でも、大事なのはちゃんとここに来れたでしょ、
だからそれでいいんだよ。

って言ってくれるんです?sc07

他の人に「遅れちゃったー」と言っても
「ここに来たんだから、それでOKなんだよ。気にしないで。グッ
と言ってくれるのもブラジル人。

本当に泣きたくなるような嬉しい言葉です。
南アメリカの人が多い職場ですが、みんな明るくてよく働いて、
その上こんなに暖かい言葉をかけてもらって、とても素敵な人達だなぁと思いました。
【2008/02/26 15:41】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
順風満帆ときどき逆風


J-poohの人生、順風あり逆風あり人生いろいろの日記、兼生活レポートです。

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おまけ

What time is it in London now?

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

J-Pooh

Author:J-Pooh
3◎才 女。長野県松本市生まれ。
'07年3月末より彼の転勤に便乗してロンドンへ来てしまい・・・・、予想外の人生の転機にあたふたしながら、
新生活を始めたところです。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

広告

英会話スクールWILL Square

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。